スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nvidia Tegra 2について

Fudzilla Nvidia impresses people with Tegra 2

現行のTegraはARM11コアを使っていますが、Tegra2はデュアルコアのARM9となるようです。
そしてコプロセッサのようなものを持つ模様。
GPU部分に関しては触れられていませんが現行のTegra 650よりは速いでしょう。
なぜARM9なのかが良く分からないところです。
SH Mobileシリーズのような設計にするつもりなのでしょうか?

スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

AthlonⅡX3 425 VS PentiumDC E6300

INPAI.com AthlonII X3 425 PK Pentium E6300

ベンチマークによる性能比較が行われていました。
結果はAthlonⅡX3 425の方が総じて良いという結果でした。
ゲーム等でも425のほうが良いことが多いです。
E6300のL2の少なさとFSBがネックになってるいるのでしょう。
マルチスレッド処理では当然425の圧勝です。
値段の方も425は同等か少し安い程度なのでコストパフォーマンスは高いと思います。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

Light Peakについて

Fudzilla Light Peak 10Gbps transceivers to use 65nm CMOS

Intelが提唱している新インターフェースLight Peakについての話題です。

10GbpsのLight Peakは65nm COMSによって作られる模様でTDPは1chあたり135mWらしいです。
基準化の時期については明確に書いていないです。
Intelは在存のUSB機器との互換性を保ちたい模様でそのためにUSB Forumと協力しているとのこと。

10Gbpsでも十分SATA6.0Gbpsより早いですからほぼすべてのインターフェースで使えますよね。
基準化されれば対応は早いでしょうね。
多分USBの置き換えよりも先にSATAの置き換えが始まると予想。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

SONY新モバイル VAIO Xシリーズ

笠原一輝のユビキタス情報局
「VAIO X」シリーズ開発者インタビュー(上)
「VAIO X」シリーズ開発者インタビュー(下)

VAIO Xシリーズについて開発者インタビューがありました。

VAIO Xシリーズ主な仕様
CPU Atom Z540(1.86GHz)
メモリ 2GB(オンボード、増設不可)
SSD 64GB
チップセット US15W
1,366×768ドット表示対応11.1型ワイド液晶
OS Windows 7 Home Premium
重量 765g、1,065g(Xバッテリー搭載時)
バッテリー駆動時間 標準10時間、Xバッテリー20.5時間
価格11万~13万

VAIO Xシリーズの利点は異常なまでの薄さと軽さ、バッテリー駆動時間でしょう。
薄いから、軽いから脆いわけではなくかなり頑丈な模様。
液晶のバックライトをLED化したり、コネクタの形状を変えてみたりと開発陣の意欲の高さが伺える。

買うのは大手企業の外回りを良くする人達がメインでは?。
オフィス動いて長時間バッテリー駆動できて軽ければ便利。
SSD搭載しているのでプチフリさえなければサクサクでしょうし。

一般ユーザーとして言わせてもらえば中途半端。
最廉価グレードが9万くらいならまだしも11万とか・・・
CULV向けCPU搭載で重量1100g、バッテリー駆動10時間で13万なら文句はないのになぁ。
Xシリーズ上位にCULV採用モデルが出ると予想します。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

Author:VitzRS
AMD&ATI派です。
自作歴は現在3年です。
オーディオ等にも最近興味が出てきて改造したりしてます。
駄耳のため音質評価はあまり当てにならないかもしれません。

PCネタのほうは英語力が未熟なため誤植&勘違い多いです。
見つけたらコメント欄のほうで指摘していただければ幸いです。

コメント&トラックバック歓迎。
相互リンクも募集中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。