スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Intel Atom D510とD410

Fudzilla Both desktop Atoms are January 3rd
      Dual core Atom 510 TDP revealed
      Atom graphics is called GMA 3150
Techconnect Intel Pineview CPU names revealed?

Pineview Atomのデスクトップ向けのモデルが1月3日に発表されるようです。

ラインナップ
・Atom D510 1.66Ghz FSB 667Mhz L2 512KB*2 TDP13W $63
・Atom D410 1.66Ghz FSB 667Mhz L2 512KB TDP?W $43

FSBが広がってノースが統合されました。
その結果TDPが上がっていますがシステム全体で考えた場合若干低下しているはずです。
システムレベルでの放熱を考えた場合にはCPUのみ冷やせばいいので楽でしょう。
組み合わされるIGPはGMA 3150なので現行のGMA 950よりも若干のパフォーマンスアップになりますね。

しかしION2と組み合わせる場合はどうなるんでしょうか?
CPUにIGPが乗っかってる分電力効率悪化しそう・・・
ネットトップではたいしたこと無いですがネットブックでは結構気になりますよね。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

ClarkdaleとArrandaleについて

HARDWARE INFOS 14 Intel-32 nm-Prozessoren am 7. Januar 2010

ClarkdaleとArrandaleについての詳細です。

・Clarkdaleラインナップ
Core i5 670 3,46GHz(TB時3,73GHz) L3 4MB IGP 733MHz DDR3-1333 TDP73W $284
Core i5 661 3,33GHz(TB時3,60GHz) L3 4MB IGP 900MHz DDR3-1333 TDP87W $?
Core i5 660 3,33GHz(TB時3,60GHz) L3 4MB IGP 733MHz DDR3-1333 TDP73W $196
Core i5 650 3,20GHz(TB時3,46GHz) L3 4MB IGP 733MHz DDR3-1333 TDP73W $176
Core i3 540 3,06GHz(TBなし) L3 4MB IGP 733MHz DDR3-1333 TDP73W $143
Core i3 530 2,93GHz(TBなし) L3 4MB IGP 733MHz DDR3-1333 TDP73W $123
Pentium G6950 2,80GHz(TBなし) L3 3MB IGP 533MHz DDR3-1066 TDP73W $87

・Arrandaleラインナップ
Core i7 620M 2,66GHz(TB時3,20GHz) L3 4MB IGP 766MHz DDR3-1066 TDP35W $332
Core i7 640LM 2,13GHz(TB時2,93GHz) L3 4MB IGP 566MHz DDR3-1066 TDP25W $332
Core i7 620LM 2,00GHz(TB時2,80GHz) L3 4MB IGP 566MHz DDR3-1066 TDP25W $300
Core i7 640UM 1,20GHz(TB時2,26GHz) L3 4MB IGP 500MHz DDR3-800 TDP18W $305
Core i7 620UM 1,06GHz(TB時2,13GHz) L3 4MB IGP 500MHz DDR3-800 TDP18W $278
Core i5 540M 2,53GHz(TB時3,06GHz) L3 3MB IGP 766MHz DDR3-1066 TDP35W $257
Core i5 520M 2,40GHz(TB時2,93GHz) L3 3MB IGP 766MHz DDR3-1066 TDP35W $225

Arrandaleはモバイルクラスでもかなり使えそうですね。
ノース+CPUでTDP18Wはかなり上出来なのでは?
放熱と言う観点からしてもCPUクーラーだけで冷却できるようになるので設計するのも楽でしょう。

Clarkdaleは発売されれば2コア最強ですね。
Pentium G6950でも十分早いと思います。
価格を見る限りCeleronDC以外のLGA775 2コアは近いうちにディスコンされる予感。
PhenomⅡX2,AthlonⅡX2ではパフォーマンスでは歯が立ちそうに無いですね。
プラットフォームとしての省電力性、低発熱性という観点でもClarkdaleの方が優れているでしょう。
AMDは価格もこれ以上下げたらかなり厳しいでしょうし。

若干引っかかるのは下位モデルのL3が3MBなことです。
普通なら半分の2MBで良いのでは?
ユーザー側からすれば多いに越したことは無いですが・・・




テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

TDP 45WのLGA1156 Xeon L3426

Akiba PC Hotline 45WのLGA1156版Xeonが予約開始、クアッドコア

IntelからもTDP45Wのクアッドが発売されました。
LGA1156版のXeonなのでi7 8x0の低電圧版と考えればいいと思います。
クロック数は1.866Ghz、L3 8MB、TB対応、HTT対応
価格は31500円前後。

AthlonⅡX4 605eとは価格帯も違うしパフォーマンスも大分違います。
小型のケースで発熱等気にしながらパフォーマンス稼ぎたい人にはありでしょう。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

Sandy Bridgeのダイについて

後藤弘茂のWeekly海外ニュース Intelの次世代CPU「Sandy Bridge」の正体

Sanday Bridgeについて後藤さんのところに詳しく書いていました。
小さいとは予想していましたが、220平方mmと小さなダイですね…
GPU統合してLynnfieldよりも小さくなるとは思っていませんでした。
流石イスラエルチームってとこでしょうか?

2コアで別ダイ作れれば150平方mmくらいに収まる様だと予想されてますね。
150平方mm~160平方mm程度ならばエントリークラスでも十分いけると思います。
sanday Bridgeの登場とともにLGA775の終焉になる可能性が高いですね。

これだけ小さいダイなので問題になるのは熱ですよね。
そこら辺が一番気になりますがイスラエルチームの性格上高いってことはないでしょう。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

GulftownのリテールCPUクーラー

EXPreview Intel Gulftown Processors Coming with Redesigned Heatsinks

IDFでのGulftownのデモの際のリテールクーラーと説明したらしいです。
銅ヒートパイプ+アルミフィン+サイドフローというリテール=トップフローの常識を変えてくれました。
おまけにLED内臓で青く光りますよww
それにプッシュピンをやめるみたいです。
LGA775世代のリテールクーラーはひどいですからね。

忍者 弐リビジョンBと似ている作りですね。
リテールにしてはめちゃめちゃケース選びそう…
まぁGulftown自体ATXサイズ以下のケースに入ることはないので大丈夫でしょうけど。

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

VitzRS

Author:VitzRS
AMD&ATI派です。
自作歴は現在3年です。
オーディオ等にも最近興味が出てきて改造したりしてます。
駄耳のため音質評価はあまり当てにならないかもしれません。

PCネタのほうは英語力が未熟なため誤植&勘違い多いです。
見つけたらコメント欄のほうで指摘していただければ幸いです。

コメント&トラックバック歓迎。
相互リンクも募集中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。